セルフマスコミ

f:id:aoku_sumitoru:20170726220207j:plain

ある旅番組での
おぎやはぎの小木さんの言葉

 

『結婚はいいよ~、楽しくてたまらない!

もっと早くから結婚しておけば良かったって思うもん

ね?そうでしょ!?出川さん?』

 

(ちなみにこの番組です。僕は結構好き笑)

 

負の情報って多く感じるけど

結婚はリスクが大きいみたいな話よく聞きません?


「妻に財布を握られて俺はATM状態」
「旦那、昔はキレキレだったのに今は寝転がってばかり。詐欺よ詐欺」
「義母マジうざす!!マジうざす!!」

 

――こういう情報だけがよく入ってくるように感じます

特にネットだとたくさん転がってますね


(まぁ、幸せなときは「幸せです♪」なんて頻繁に呟かないんで、相対的に負の情報が多く世に流れるという面もありますが!)


でも本当は


「結婚 デメリット」
「姑 不仲」


とか、そういう単語を調べているからそういうリスクだけに目がいってしまうだけで、良い面というのは案外多かったりする

 

自分の中にいるマスコミとの付き合い方

よく


「マスコミは自分の都合で情報を狡猾に切り抜いて伝える」


と言われたりしますが、それと同じことが自分の脳内でも行われているとイメージしてください


頭(報道機関)が心(大衆)へ向けて伝える情報に偏りが出てしまうと、真実の姿が見えにくくなってしまいます

(なんとなくエゴサーチするのと似てますね)

そういうときはセルフマスコミのコントロールが必要です


どうすれば良いか?


『逆』を調べてみましょう( ・ω・)bズバリ!


「結婚 楽しい」
「結婚後 ラブラブ」


調べるとかなり経験談が出てくるのではないでしょうか?

 

この人とか!

ameblo.jp

この人とか!

ameblo.jp


リスクを調べるのもいいですけど、楽しいことも同時に調べた方が楽しい情報が入ってきて心も豊かになるし、
普段マイナスな面を見てしまう分、中立的かつ客観的な立場で見つめることができますよ( ´∀`)オススメ

 

セルフマスコミの概念をすべてに活かす!

初めは「結婚」というワードで取り上げましたが、無論ほかのことにも通ずることだと思います

  

仕事においては

「転職 失敗」

と調べるか

「転職 良かった」

と調べるか

 

健康面においても

「がん 死亡率」

と調べるか

「がん 治療例」

と調べるか


様々なことに置き換えられます

 

僕は何かの選択で悩んだときに

「無難だからこっちがいい」

という動機で選ぶよりも

『めっちゃやってみたい!!』

という気持ちに従って選んだ方が選ぶエネルギーが大きいし楽しかったことが多かった

たとえそれがうまくいかなかったとしても結果としてほぼ100%糧になっていた

 

だから悩んだときは負の材料を探すのも もちろん大切だけど

それと同じくらい正の材料を見つけることもオススメします

 

 

 

さぁ!
悩んだときは中立的思考で合理的な判断を下すためにも、自分のセルフマスコミの属性を今すぐcheck it out!!!
m9(・`Д・´) !!!